わが家は一太郎二姫!!

オットと二児を持つ、元保育士アラサー主婦です。好きなことは全力で、それ以外は手抜きをモットーとしています!ゆる糖質制限でダイエット中☆

【スポンサーリンク】

イヤイヤ期はどう乗り切る?元保育士が教える4つの対応!

f:id:nattsu-2525-1023:20171102224821j:plain

 

こんばんは!

長女ハナの2歳のお誕生日まであと1週間、プレゼント作りにドタバタのなっつです(^v^)

というのも、最近母性が目覚めているハナに、手作りのお人形をプレゼントしたくて。

更にはハナとお人形おそろいのお洋服も作りたいので、毎日午前様です・・・

 

そんな2歳目前のハナ、絶賛イヤイヤ期です(~_~;)

基本的には話が通るハナですが、とにかく頑固!

嫌なことは全力で拒否します。

 

ちょうど同じころの、長男タロの様子⇩

 

最近のタロ、イヤイヤが増えました(-ω-;)
これも成長!なんだけどね…

そして都合のいいときだけ「あかちゃんなの!」と言う。
こんなはっきり言う赤ちゃんおるかーい!

 

同じようにイヤイヤ期だったようです(笑)

 

誰もが通る、この2歳前後のイヤイヤ期。

成長だとは分かっているものの、ついイライラしてしまいませんか?

そして子どもの寝顔を見て反省するんですよね・・・(T_T)

 

さんなイヤイヤ期に元保育士の私が実践している4つのことをご紹介します!

ちょうどイヤイヤ期のお子さんを持つあなた!!

これからくるイヤイヤ期におびえているあなた!!!

ぜひ読んでみてください(*^_^*)

 

 

 

イヤイヤ期とは?

 一般的に「第一次反抗期」と呼ばれます。

今までは「~しようね」という大人の働きかけを受け入れていた赤ちゃんが、自分の考えや要求を持ち、主張するようになる時期です。

その中で、相手にも気持ちがあること知り、自分の気持ちを受け入れてもらう喜びや相手の気持ちとの折り合いをつけること、我慢することなどを学んでいきます。

とっても大事なことなんですよね!(^^)!

 

でもこの時期はまだまだ言葉の発達も途中。

自分の思っていることが伝わらず、かんしゃくを起したり、手が出たり・・・

ママだって疲れるし、イライラするし、どうしたらいいのかわからなくなりますよね。

 

こんな時どうする?

公園に行って遊び、「さあ帰ろう!」と言うと「まだあそびたい~(>_<)」と大泣き。

そんな経験ありませんか?

私はもちろんあります!

というか、タロが2歳くらいからずっと、毎回公園で繰り広げられる光景です(笑)

    

そんな時に試してほしいことがあります!

 

1.まずは気持ちを受け入れる

まだ遊びたいんだね」「楽しかったもんね

まずは気持ちを受け入れ、言葉で代弁してあげてください。

意外とこれだけで落ち着いたりするんです(*^^)v

自分の気持ちが伝わった、わかってもらえた。

そう感じさせてあげましょう!

 

2.見通しを持たせる

もう〇時だね。帰っておやつを食べよう♪

次にすることを言葉で伝えましょう。

次の行動に気を引かれたら、もうこっちのものです(*^^)v

公園に行く前に、何時に帰るか、帰ったら何をするかを伝えておくのもいいですね!

 

3.予定時間の少し前に声をかける

これはぐずる前ですね。

例えば3時に公園を出る予定なら、2時45分に

そろそろ帰る時間になるから、片付けを始めようか」と声をかけます。

きっと「やだー」とか言いますが、声をかけて意識させることが大事なので、深追いはしません(笑)

5分後、再度声をかけます。

帰る時間だよ」「やだ!まだあそぶ!」←きっとこう返ってくるでしょう

じゃああと5分待つね」ここで子どもの要求を1度飲みます。

そうすることで自分の気持ちが受け入れてもらえたと感じ、満足できるのです(*^^)v

 

時間に余裕がないと、焦ってしまい、ママもイライラしてしまいますよね。

そうならないためにも、予定時間の少し前から行動しましょう!

 

4.子どもが選択できる提案をする

帰ろう」→「やだ!

帰る前にすべり台する?ブランコする?」→「すべり台!

イヤイヤ期の子はまだまだ単純です(*^^)v

上のような提案をすれば、つい選んでしまうんですよね~

かわいいヤツめ(笑)

ぜひお子さんが食いつきそうな二択を考えてみてくださいね(^O^)

 

イヤイヤ期への対応 まとめ

毎日、イヤイヤ期の子どもの相手をするのって、本当に大変です。

でもちょっとした声かけで、子どもの意識も変わったりするんです!

子どもの成長に大事な時期だからこそ、穏やかにしっかり向き合いたいのは、母親として誰しもが感じることですよね。

そんな想いが伝われば、きっと子どもと一緒にイヤイヤ期も乗り切れますよ☆

ぜひ試してみてくださいね(^O^)